読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Midnightblue

マイペースに、のんびりと

結局やめられない

NEWS

12月14日、QUARTETTE発売日。

今日でNEWSファンから完全に離れるつもりだった。

 

結論から言うとファンは続けるという話になる。

 

NEWS。今年の夏まで約2年間KAT-TUNと掛け持ちをしていた。当初は掛け持ちの感覚すらなかったけれど。8月に上田担になると決めた時、掛け持ちをやめNEWSからは降りることにし、今はKAT-TUN中心に応援している。

 

私はNEWSではシゲ担だった。しかし最初からではなく、4人のNEWSを好きになって1年ちょっとは手越くん寄りの箱推しだった。好きなコンビがテゴシゲだったのだ。

(このコンビ、テゴシゲなのかシゲテゴなのかいまだにわからない。)

短編小説が続けて掲載された頃にシゲ担になった。

 

シゲ担を降りてからは全般的に興味が薄れていった。シゲに関して言えば連載小説を早々にギブアップしていたことも影響している。

それに加えてある出来事でちょっとNEWSに対してネガティブな感情を持ち、ファンからも離れようと思っていた(NEWSのせいではない)。実際、少プレはチェックしていたものの、他の個人レギュラーからは手を引いていた。ドル誌もほぼ買わず、NEWSの記事も見ていない。

だからわりと簡単に離れられる気がしてきていた。

 

実は1年前はKAT-TUNから離れようと、船から降りようとしていた。でもあのベストアーティストの日に無理だと思い知らされた。

そこから現在に至るのだけど...

 

話を戻すと、私にはQUARTETTEの鑑賞が待っていた。自分の参戦したライブが作品になるのは初めてだったこともあり、発売を楽しみにしていた。

同時にこの映像作品が最後かなとぼんやりと思っていた。

 

音楽特番が放送される時期がきて出演アーティストが発表されるたびに苦しかった。KAT-TUNが出ないことはわかっている。でも寂しい。

 

その日はベストアーティストの日。去年のこともありあまり見る気になれなかったがそれでもテレビの電源を入れた。

ANTHEMを歌うNEWS。私の目に映っていたのは、手越くんだった。

そこで思い出す。4人のNEWSを初めて見た時もこんな感じだったかもしれないと。そこから大きく気持ちが手越くんにというわけではない。でもファンをやめられそうにないなとは感じた。

 

掛け持ちはしないと決めている。

だからあくまでも好きなグループの好きなメンバーとしてこれから手越くんを見ていこうと思う。

今年は心変わりの年ということかな。

 

結局、好きはやめられない。